睡眠時無呼吸症候群とは?

眠っている時のいびきがうるさいと周りの人から注意されたとこはありませんか?

 

睡眠時無呼吸症候群という言葉は聞いたことがあっても、詳しく知らない方が多いと思います。
詳しく知らないだけで、もしかすると睡眠時無呼吸症候群かもしれません。

 

睡眠時無呼吸症候群とは?

10秒以上の気流停止(気道の空気の流れが止まった状態)を無呼吸とし、無呼吸が一晩(7時間の睡眠中)に30回以上、または1時間当たり5回以上あれば睡眠時無呼吸症候群(SAS)です。

 

症状

  • 寝ている間 :いびきをかく・いびきが止まり大きな呼吸とともに再びいびきをかく・呼吸が止まる・呼吸が乱れ、息苦しさを感じる・むせる・何度も目が覚める(トイレに起きる)・寝汗をかく
  • 起きた時  :口が乾いている・頭が痛い、ズキズキする・熟睡感がない・スッキリ起きれない・身体が重いと感じる
  • 起きている時:強い眠気がある・だるさ、倦怠感がある・集中力が続かない・いつも疲労感がある

 

二大要因

@空気の通り道である上気道が物理的に狭くなり呼吸が止まってしまう(閉塞性睡眠時無呼吸タイプ)


 9割以上の方がこのタイプです。
 上気道が狭くなる要因は首・喉周りの脂肪沈着・扁桃肥大のほか舌の付け根やのどちんこ、軟口蓋などによる狭窄があります。

 

A呼吸中枢の異常(中枢性睡眠時無呼吸タイプ)
 数%の方のみでまれなケースです。
 脳から呼吸指令が出なくなり呼吸が行われない症状です。

 

こんな人は注意!!

  • 生活習慣  :タバコがやめれない・お酒が好きで寝る前の飲酒が習慣・太り気味・暴飲暴食をすることがある・高血圧、糖尿病、高脂血症などの既往がある
  • 見た目の特徴:首が短い、太い・下あごが小さい、小顔・下あごが後方に引っ込んでいる・歯並びが悪い・舌や舌の付け根が大きい
  • 男女比   : 2〜3:1

我が国では約200万人が睡眠時無呼吸症候群に罹患しているとされます。男性は30〜60代の働き盛りに多く、女性は閉経によるホルモンバランスの変化が起きた時に多い傾向かあります。


※太っていない方や女性の方でもかかる病気です。

 

 

睡眠時無呼吸症候群になると…

睡眠時無呼吸症候群は血中の酸素不足により心臓や肺に負担が掛かり、脳梗塞、心筋梗塞やその他の合併症などを引き起こす危険性が高まります。
AHI(無呼吸低呼吸指数)が20回以上の場合、診断後に5年間生存する患者さんの割合は84%(死亡率は16%)、8年間ではさらに下がって60%という報告があります。

 

睡眠1時間当たりの「無呼吸」と「低呼吸」の合計回数をAHIで表します。
 「低呼吸」 : 換気の明らかな低下に加えて動脈血酸素緩和度が3〜4%以上低下した状態、もしくは覚醒を伴う状態のこと

 

 

 

 

 

治療

症状を緩和させる(対症療法)と根本的に症状の原因を取り除く(根治療法)があります。
自分自身の症状の重症度を把握し治療法を選択することがとても大切です。

対策

生活習慣を見直し、肥満気味の方は減量を行い、鼻詰まりなどで鼻呼吸がしにくい方は鼻症状の改善をすることも重要です。

対症療法

●CPAP療法(シーパップ療法:経鼻的持続陽圧呼吸療法)


 :日本国内で最も普及している療法
  寝ている間の無呼吸を防ぐために気道に空気を送り続けて気道を開存させておくもの
  装置からエアチューブを伝い鼻に装着したマスクから気道へと空気が送り込まれる

 

 

この治療法で、しっかりと寝ることができるの?と気になりますよね…
医療機関で適切に設定された機器を使い鼻マスクを装着することがポイントです。
そのために医療機関に一泊入院して治療に適した機器設定を行う(タイトレーション)場合もあります。
毎日のことなのでコツを掴めるようになるために使い方でわからないことがあれば担当医に相談しましょう!!

 

●マウスピースでの治療(スリープスプリント)


 :下あごを上あごよりも前方に出すように固定させることで
  上気道を広く保ち、いびきや無呼吸の発生を防ぐものです。
作製は無呼吸症候群に知識がありマウスピースを作り慣れている専門の歯科医がおススメです。
必ずしもすべての症例に効果があるわけではなく、中等症までの閉塞性睡眠時無呼吸症候群タイプには比較的 効果が表れやすいのですが、重症の場合は不十分とされる報告もあります。
軽度な症状に適した治療法なので主治医とよく相談しましょう!!

 

根治治療の外科手術

手術療法は睡眠時無呼吸症候群(SAS)の責任部位が明確な場合に適応され、小児でのSASの大半は扁桃肥大が原因で、扁桃摘出術が有効です。成人の場合は責任部位が明確でないことが多く、手術療法は慎重な判断が必要です。

 

枕を変える

睡眠時の姿勢は横向きの方が気道を確保しやすくなりますが、枕を低くすることでも首や気道が曲がるのを防ぎ気道がまっすぐになり空気の通りがよくなります
自分の睡眠時の姿勢を意識し自分にあった高さの枕で寝ることでいびきや無呼吸が改善されている方もいるようです。

 

一度自分が睡眠時の症状や起床時の症状に当てはまっていないか確認してみてはどうでしょうか?早く気が付くことで大事に至る前に健康を取り戻しましょう!

 

 

 

<< 「寝たぞ!」というしっかり睡眠をとるために >>