セロトニンについて

健康のためにも美容のためにも眠りは欠かせません。時間がたっぷりあっても良質な睡眠が訪れない・・・。そんなことで寝苦しい思いをしたことはありませんか?体は疲れているのに目が冴えてしまうようなことが続くと疲れが蓄積されて日常生活も思うようにいかなくなってしまいます。
横になったらぐっすり眠れる。そんな理想的な快眠への働きを促してくれるホルモン「セロトニン」をご紹介します。


セロトニンとは?

セロトニンは人間の体の中で様々な働きをしている物質の一つです。
特に脳内のセロトニンが不足してしまうと不眠の症状が現れたり、ひどくなるとうつ病の原因にもなります。

 

セロトニンの多く、全体の90%は人間の消化管の働きを調節するため消化管に存在しています。その他には約微量になりますが8%が血液内に存在して血管を収縮させたり、止血を促しています。また全体に対してたったの2%になりますが脳内にも存在し、神経伝達物質として働いています。
この全体から見てたった2%しか存在していない脳内のセロトニンが人間の気分や感情をコントロールするのに欠かせない物質として近年注目されています。

 

脳内には様々な神経伝達物質があり、喜びや不安、怒りや恐怖などをそれぞれの物質によって情報を行き来させています。
セロトニンの役割は精神や意欲を安定させるブレーキ役になります。何かに興奮したり、不安や怒りなどの抑えきれない感情が過剰に出るのを抑える役割と言えます。

セロトニンの大きな二つの役割

精神状態の安定

人間は感情をコントロールできる生物です。怒りを抑えることや、不安から逃れる術を心得ているというのは健康であることの証でもあります。そして精神的な健康とは感情のメリハリがつき、精神的な安定が保たれていることを言います。
セロトニンは他の精神伝達物質が不安や怒りを伝達してきても程よく抑える役割があります。
逆に言うとセロトニンが不足してしまうと怒りや意欲が過剰に伝わってしまい、例えばギャンブルやアルコールへの依存などを引き起こすとも言われています。

 

睡眠状態を作る

脳内にあるセロトニンは夜になると睡眠ホルモンであるメラトニンに変化します。日中は感情にブレーキをかけていたセロトニンですが、夜になると寝つきを良くしたり、眠りを深くする作用を持っています。

 

 

このように昼と夜とで違う側面を持つセロトニンですがどちらも健康を保つに当たってとても大切な物質であることには変わりません。もしセロトニンが不足してしまうと日中は感情のコントロールが効かず、そして夜は不眠になってしまいます。その結果、やる気や興味が欠け、ネガティブな思考になり「うつ病」を引き起こしてしまうとも言われています。

セロトニン不足の解消

セロトニンはトリプトファンやビタミンB6が原料となり、日光に当たると生成されます
曇りの日でも一般的な生活リズムを送っていればセロトニンを生成するだけの日光は得られますが、現代人に不足しているのは栄養素と言われています。

 

特に人間の体内で生成できないトリプトファンは食事から摂取する必要があり、肉類や魚介類、乳製品の摂取が必要です。
トリプトファンがセロトニン合成を得るためにはビタミンB6や糖分も必要になります。トリプトファン、ビタミンB6、糖分をバランス良く取り入れて太陽の光を浴びる、その成果としてセロトニンが体内で生成され、感情をコントロール、快眠を得られるといえます。

 

 

<< 「寝たぞ!」というしっかり睡眠をとるために >>