アルコールと睡眠の関係

寝つけない時、リラックスしたい、そんな時にアルコールを飲む方もいらっしゃることでしょう。
実際にアルコールは私たちに快眠を持たらせるのでしょうか?
アルコールによる睡眠で体はリフレッシュされて翌朝エネルギーを蓄えていられるのでしょうか?

睡眠への影響

飲み会でお酒を飲み過ぎて、帰宅の電車の中で眠り込んでしまわれたご経験のある方もいると思います。アルコールは寝つきを良くする効果はありそうですよね。
でも本当に欲しい睡眠は脳も身体も休んでいるノンレム睡眠の状態です。ノンレム状態の睡眠はストレスを消去し、ホルモンを分泌し、深い眠りをとることで体力を回復することができます。

 

アルコールで得られる寝つきの良さが特徴のレム睡眠は、ノンレム睡眠とは違います。
身体は眠っているのに脳が活発に動いていて、トイレに行きたくなってしまったりします。身体は深く眠っているので筋肉疲労の回復はありますが、夢を見がちで、その夢の記憶を脳が固定しようとしています。

 

下の表のように人の眠りにはレム睡眠とノンレム睡眠が混ざっています。
アルコールを摂取することは人が起きている状態からレム状態にしてくれる作用があるといえます。

 

でも私たちが本当に必要としているのはレム睡眠状態からノンレム睡眠状態へと誘ってくれる睡眠です。
残念ながらアルコールは交感神経の活動を活発にしてしまっているのでなかなかノンレム睡眠状態へ深めてくれることができません

少量のお酒であればただ単に日常よりも交感神経が高まるだけで、寝つきも良くなりません。寝つきが悪くなると睡眠時間が長くなってしまい、日常生活にも支障が出てしまいます。

 

そして慢性的にアルコールを摂取してしまうと、レム睡眠ばかりが増加してしまい、睡眠が分断されて睡眠時間の減少にもなってしまいます。最初は寝つきの良さからアルコールを睡眠導入の意図的に摂取しても私たちの身体が本当に必要としている眠りには届いていないのです。

 

またアルコールを慢性的に摂取してしまうとその効果がわからなくなってしまい量が増えてしまいます
アルコールは適応して3〜7日で耐性が出てしまい、さらに多くのアルコールを必要としてしまいます。ここにアルコール依存症の危険性が出てきます。

 

今度は逆にアルコールの常用を中止すると寝つきが悪くなり不眠がちになります。この場合の不眠は長期化しやすいため、寝つきを良くしようとするためのアルコールの飲酒を始めてしまう原因にもなります。

 

一般的にはアルコールを飲む人は日中の眠気が強くなっていることも報告されています。十分な睡眠をとっていてもアルコール摂取した翌日には注意力の低下などが起きているケースもあります。
寝酒をする人とそうでない人を比べた場合には、寝酒をする人の方が疲れを感じやすく、睡眠不足であることも報告されています。

快眠を得るためには?

正しい生活習慣を身につけることが一番の健康であり、明日への活力になるのです。そのためには

 

無理に眠ろうとしないこと

眠ろうと頑張ってしまうと神経が過敏になり眠りづらくなってしまいます。眠気を感じたら横になる、ただし目が覚めたらベッドや布団に長居せずメリハリをつけることが大切です。

 

運動や入浴は就寝の2時間前を心がける

運動をする事やお風呂に入る事で体温が高まり寝つきを悪くしてしまいます。むしろ気持ちを高揚させてしまいます。

 

就寝前の喫煙、アルコールやコーヒーを控える

タバコのニコチンは刺激物質となって覚醒しやすくなり、コーヒーのカフェインも同様に体内に分解産物が生じ覚醒を促します。アルコールは催眠作用で寝つきを良くしますが、飲酒後に体内で分解された物質は神経を興奮させる作用があります。
これらの摂取は夜中に目を覚ましてしまい眠りにくくしてしまいます。

 

 

<< 「寝たぞ!」というしっかり睡眠をとるために >>